ぽんたの日記

子の引き渡し審判、離婚裁判、面会交流調停などの裁判記録

子の連れ去り~当日(3)~

交番に着いたが誰の姿もなかった。

「只今の時間は不在のため○○警察署へ電話してください」との貼り紙があった。

緊張しながら電話を手にした。

子供が旦那に連れ去られた、子供に会えないで困っている、と簡単に説明する。
署で話を伺うので、これから迎えに行きますとの返答だった。
警察の方が迎えに来るまで、頭の中を整理していた。

シルバーのトヨタ車で男性と女性の警察官がやって来た。
軽く自己紹介し車に乗り込んだ。
警察官二人は前の座席に座り、私は後部座席に座った。
窓の外の知らない街並みを眺めていた。

ものの数分で警察署へ着き、長テーブルにパイプ椅子が並んだ殺風景な部屋へ案内された。
迎えに来てくれた男性警察官が主だって話を聞いてくれた。若い警察官は、一生懸命話を書き留めていた。女性警察官も暫く一緒にいてくれたが、最後までいたかは記憶が曖昧だ。途中で年配の警察官も輪に加わり、指示を出していた。

私の主張は、同意無く旦那が子供を連れ去ったため取り返して欲しい、である。

それに対して警察は、夫婦である以上、親権はどちらにもあり、虐待がない限りは警察が動くことは難しい。ただ、状況を確認しに行く事は可能である、とのことだった。
途中、何度か虐待の有無について確認された。

そして旦那に電話したり、旦那の両親に電話したりと警察からの接触を試みた。

旦那からの反応は皆無だったが、旦那の両親からはラインが返ってきた。

~以下、原文まま~
○○さんよ、自分の今までの言動を振り返って物を言いなさいよ❗

今すぐその場を離れ、二度と息子、孫に近付くな❗

警告だよ❗

これは息子からの依頼だからね。国外から電話しても通じなかったからメールしたけど、いつまでも仏様の気持ちで居られるほど心が広く無いことだけは明らかにしておくよ❗
この売女(バイタ)め.

今すぐその場を離れ、他人の生活の安寧に干渉しないように警告する次第。
~以上~

警告?!息子からの依頼?!

またまた頭が真っ白になった。

この親にしてこの子あり、とは正にこのこと。旦那の親の対応は信じられなかった。
後にネットで調べていて辿り着いたが、これはどうやら「火病」と言うらしく、韓国人に特有の気質らしいと知った。もう3世代日本で暮らしているのに、遺伝子とは凄いものである。

電話で連絡がつかないため、旦那の自宅へ出向いて安否確認をしてくれることになった。それだけしか出来ないとのこと。
それでもとお願いした。

1度は警察官のみで向かったが、応答なく空振りで戻ってきた。
今度は鍵を持つ私も動向することなった。
また連れてこられた時と同じ車で旦那の家へ向かう。住宅街なので周りの住人に配慮しサイレン等は鳴らさなかった。

警察官 : 「○○さーん!警察です。開けてください!!○○さーん!」

旦那 : 無言で玄関を開ける(チェーンはしたまま)。

警察官 : 「○○さんですか?」

旦那 : 「はい、そうですが。」

警察官 : 「奥さんより依頼がありました。お子さんはいますか?お子さんの安否確認をさせてください。」

旦那 : 無言で子供を連れてくる。

警察官 : 「○○ちゃん。怪我はないかな。元気そうかな。」とチェーンごしに子供を確認する。

警察官 : 「ご協力ありがとうございました。」

チェーンごしに子供の安否を確認した。
子供は夜中の2時頃にも関わらず寝ておらず、また泣きもしていなかった。
警察官の話だと、寝てなさそうだったし、眠れなさそうだったとのこと。

f:id:amiponta:20170715020833j:plain

警察の方は色々尽くしてくれたが、もしかしたら戻ってくるかもと淡い思いがあり、大いにガッカリした。何も出来ない自分にもガッカリした。

また警察署へ戻り、これ以上は何も出来ないので、弁護士に相談するしかないと説明を受け、兄妹の迎えで家へ帰った。

警察署へ来たのが10時過ぎ、時計は3時をとっくに過ぎていた。
長い1日が終わった。
絶望の日々の始まりでもあった。